LOGO

ストーリー中心カリキュラムの英会話学習

①機能中心的(function-based)最小限の構造からと明確な表現
に導く機能中心カリキュラム

②課題中心的(task-based)
課題から目的と動機を明確にする課題中心カリキュラム。多様なシチュエーションから課題中心の英会話を実践する構成。多様な言語ゲーム、ロールプレイ、シュミレーションなどで意思疎通活動を促す構成。

③テーマ中心的(theme-based)
単純で典型的な内容のため子供の関心を引くことのできなかった型から抜け出し、子供たちに密接なテーマ、アイディア、をテーマとしている。

④エピソード中心的(episode-based)
unitごとに短いストーリーから独立したストーリーを成している。ストーリーから自然に連想過程をとおして学習内容が長期記憶に残る構成。

概要

  • Junior Brownの学習の狙い
  • 導入教室
    → 英語教室、学童、塾など
  • 教材構成:Level1, Level2, Level3
  • JuniorBrownの3つのポイント
    ① Story-based English Conversation Program
    ② 本格的に英文を読み、読解する学習
    ③ 多読で英語の感覚を身につけるレッスン
  • JuniorBrown Course

    JuniorBrown Lesson Flow

  • Daily Questions2(英会話実践、5分)
  • Junior Program(Reading中心、10分)
  • 多読Learning (20分)
  • 多読ReacingClub (10分)
  • Wrapup(5分)
  • 単元の構成

    Intro

    各Unit巻の学習内容を、必須単語と共に紹介。生徒は、この導入部分でレッスン内容に対する基礎知識に触れます。

    Story

    日常生活をテーマにした身近なストーリーにより、読む・聞く・話す練習ができるように構成されています。

    Talk Box

    会話をとおして、内容や単語の使い方、各巻で学習する内容等を自然に身につけます。 実際の場面を会話形式で紹介するので、より実用的です。

    What's Up

    各 Unitで必要な文法とそのパターンをくりかえし学習するので、その使い方を場面とともに記憶できます。

    What's New

    短いパラグラフを読み、知っておくと役立つ常識や表現を学びます。関連したテーマを取り上げることにより、類推力及び思考力が身に付きます。

    Test

    学習達成度を測るためのテストで、学習者の弱点などを把握することができるパートです。

    Exercise 1

    Exercise 2

    Extensive Reading1

    Exercise 3

    Extensive Reading2

    Exercise 4

    全ての英単語を語源で覚える語源語

    接頭辞から着想

    語根から着想

    接尾辞から着想

    アルファベットの文字から着想

    アルファベットの音から着想

    Exercise 5

    Short Test


    Exercise 6

    Daily Questions2


    1つずつ英会話の基本フレーズを覚え、実践して行きます。

    Daily Questions

    生徒用教材

    Junior Brown(English conversation program) textbook

    ジュニアブラウンは、6段階各6巻の計36巻で構成され、小学生から中学生に至るまでレベル別、段階別の学習が可能な統合英語教育プログラムです。

    Course Book

  • 身の回りの事柄や、具体的な場面を中心に組み立てられているので、自分の日常と結びつけながら自然に覚えるという学習効果が得られま。
  • Work Book

  • 単にコースブックを補うためのワークブックではなく、 更に内容を広げ派生させた事柄を盛り込んでいます。
  • Audio CD

  • テーマに合わせて効果的な英語学習を導くリスニング CD
  • app

    CD音源

    Free Reading